前へ
次へ

近隣の住民とのつながりが強い一戸建て

万が一の事態が起きた時には、近隣の方々と助け合う事もあります。
一戸建て住宅に住んでいる方々は、助け合っている事も少なくありません。
ですがマンション物件の場合は、必ずしもスムーズに助け合えるとは限りません。
長い間住宅に住み続けていると、たまに自然災害もあります。
夏の時期には台風も来ますし、水害に遭遇してしまう事も実際あります。
そうかと思えば、たまに大きな地震が来る事もありますし、それが少々不安という声も少なくありません。
しかし自然災害が来た時でも、近隣の住民とのつながりが強いと、対処しやすくなる事も多いです。
自然災害が起きた時には、食料不足になってしまう事もたまにあります。
災害によって建物の一部が破損した結果、食料も全て食べられなくなった時でも、近隣の住民が助けてくれる事もあります。
普段から近隣の住民と仲良くしていると、食糧を支援してくれる事もあるからです。
地域のつながりが強いと、自然災害にも対応しやすい訳です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

冒頭でも触れた通り、一戸建て物件に住んでいる方々は隣近所と仲良くしている事も多いです。
窓を開けると、すぐ目の前に隣の家の窓があるので、普段から近所と親しくしている方も多いです。
また近所を歩いていた時に、近隣の住民とばったり会って、挨拶を交わす事もよくあります。
ですから戸建て住宅は、近隣の住民とのつながりも比較的強いです。
万が一の災害が発生した時でも、近隣の住民と協力しやすい状況になっている訳です。
ですがマンション物件の場合は、必ずしも住民同士のつながりが強い訳ではありません。
都会にあるマンションの場合は、すぐ隣の部屋の住民の顔を全く知らないというケースも多いです。
それだけに万が一の災害が生じた時は、マンションの住民はスムーズに助け合えるとは限りません。
それに対して戸建て物件の場合は、近隣の住民とも協力しやすい状態になっていますし、安心感があります。
ですから災害が不安な方々は、マンションでなく戸建てを選んでいる事も多いです。

Page Top